介護ソフトを使って事務時間を減らし、人と接するぬくもりの時間を

短期入所にも対応

病院の手術室

「介護ソフト」介護の仕事をする人、主にケアマネージャーになります。
この仕事をする人には専用の介護ソフトが必要です。
主に担当の利用者の保険請求や介護のプログラムなどを作成します。
保険請求は非常に複雑でややこしいので、介護のソフトウェアは必ず必要です。
介護ソフトは色々な会社から提供されています。
初期費用の違いや毎月の支払いの違いなど少しづつ微妙に違っています。
自分に合ったソフトを購入すれば良いのですが、概ね事業所によって使うソフトウェアが決まっており、所属する事務所と同じものを使うのが常です。
しかし、事業所も沢山あるソフトの中から合った物を選ぶのは大変です。
料金の事も併せて、検討する必要があります。

「ソフトのアフター」ややこしいソフトなので使い方もかなり複雑です。アフターサービスが充実した所のソフトを使うのが望ましいです。
殆どのソフトは初期費用と月額の使用量が必要になります。アフターサービスはしているところとしていないところがあります。
ソフトを開発して売っている会社で購入したものはアフターが充実しています。質問をしても詳しく説明してくれます。
仲買業者だとそうはいきません。売るだけで後は知りませんという物もあります。
きちんと見極めて値段だけで決めるのは危険です。上手く使えないと保険請求もままならず、売り上げの入金が一ヶ月以上遅れるという事態になってしまいます。
患者さんへの資料配布も遅くなります。