介護ソフトを使って事務時間を減らし、人と接するぬくもりの時間を

介護ソフトの魅力

病院の待合室

医療と同じ診療報酬制度を持つ介護報酬の請求には、パソコンからサービス提供内容と時間を簡単に打ち込むだけで請求計算ができるソフトウェアの導入が必須です。
医療福祉の現場では、専門知識を持った事務員がいれば請求に困ることはありませんが、医療を行う病院と違い介護の現場は数人勤務の小規模の施設が多く、事務員を雇う余裕もない場合もあるため、経営者自らが料金を計算して請求しなくてはいけないこともあります。
専用のソフトウェアを導入すると、事務員がいなくても、せっかく行ったサービスの請求漏れも無く、いつまでも合わない料金計算の手間に追われることもなくなります。
経営者のみならずサービス提供者にとっても非常に便利なツールとなっています。

請求ソフトのみならず、サービス提供の際にもサービス計画書を作成する専用ソフトウェアを導入すると、さらに便利に業務が進行します。
要支援1から要介護5まで、介護保険内で利用できるサービスの内容と時間に差が出ますが、介護度と時間を入力するだけで利用者それぞれのサービス内容が簡単に組めるため、悩むことなくさくさくとサービス計画書が作成できます。
浮いた時間は、各利用者へのサービス提供の時間にあてたり、利用者宅訪問の時間にあてることが出来るため、より質のよいサービスが提供できるようになります。
サービス計画書ソフトと請求ソフトと連動させると、計画書に組み込んだサービス内容でそのまま請求でき、サービス以外の業務が効率化します。