介護ソフトを使って事務時間を減らし、人と接するぬくもりの時間を

自動発達支援に

病院前に立つドクター

現在の日本は高齢化が進み、介護保険制度導入後は高齢者施設なども数多く建設されていますが、その一方でそれらの施設では深刻な人手不足が社会問題となっています。
その背景には、重労働の割には賃金が他の職種に比べて安いという問題もあります。
特に特別養護老人ホームや老人保健施設などの介護保険施設は、要介護度の高い高齢者の割合が多く、その分職員の仕事量も多くなりますが、介護職員は入所している高齢者のお世話だけではなく日誌などの記録も残していかなければなりません。
最近では介護事業者用のソフトウェアを開発している会社も多く、それらを取り入れている事業所も増えています。
人手不足を解消するためには業務を効率化する必要もあるため、今後もパソコンやソフトウェアを導入する事業所も増えることが予想されます。

最近では、事業所間の各部署で共通のファイルを閲覧することができるソフトウェアが一般的になっていますが、それらを扱う上では個人情報の保護が何より重要となります。
特に介護に関わる仕事に関しては秘密保持が厳守となっています。
各部署で情報を共有することは大事なことですが、その業種に関係ない人には個人情報が漏れるようなことがあってはいけません。
ソフトウェアを販売している会社でもセキュリティ面での整備をしっかり行っているところが多いですが、取り扱いには職員一同が注意を払うことが大切になります。
特に最近ではタブレットやスマートフォンなどでもファイルを閲覧することができるので、外出先でも必要な情報をすぐに確認できる反面、無くしたり他の人に見られないよう注意を払うことが大事になります。